食器、キッチンツールの片付け

食器はついついたくさん集まったり、買ってしまったりしがちなものであるのではないでしょうか。けれど、どんなに欲しくて買ったものでも見えないところに収納してしまっていたらそれは無いのと同じです。自宅の収納スペースにしまってしまえる分だけしか持たないようにしてみましょう。収納スペースに収まる量しか無いと、どこに何があるのか把握することも容易です。

しまうさいは、家族の人数分を手前にしまいます。奥行きがある棚は、奥にしまう食器を棚の高さの上部にゆとりを持たせることも一緒に考えましょう。そうすることで出しやすくなります。同じ種類のグラスや食器は収納スペースに縦一列でいれてみましょう。使いたい種類がひと目で判断でき、使いたい個数だけすぐに取り出せます。

お皿はわざわざ立てずに重ねて棚に置くことが一番のようです。立てても重ねても同じスペースでの収納量は変わりません。変化したのは食器を立てたことによるストレス、出し入れが面倒になるということだけだそうです。ただ、あまり使わないお皿を、十分な収納スペースが取れない場所に置く場合などは立ててもよいかもしれません。

調理のさいに欠かせないキッチンツールは種類によって収納の仕方を買えてみましょう。立てる、つるす、引き出しにいれる、の三通りです。お玉やフライ返しは使いたい時にすぐに取れることが理想なのでフックに吊るすと便利です。他にも、形が様々なで引き出しに入れでも立てても場所をとったり収まりが悪いものは吊るすと便利になります。洗ってすぐにフックにかけられるので、収納しつつ乾燥もできます。

計量カップやスプーンなどは引き出しの中へ。意外と汚れるので引き出しの中に仕切りのボックスを入れ、ボックスは洗えるものを準備するとよいでしょう。