調理器具の片付け

シンク周りに収納するのはざるや鍋、ボウルなど調理時に水を使うものがおおいですね。重ねずにしまう方法は、排水管がどの位置にあってもきちんと収納できるシンク下専用の棚を用意すると有効的に活用できます。鍋をしまうさいは蓋をしたままがおすすめなので、数段ある棚を準備するのが良いかと思われます。出し入れがラクならシンク下でなくでも構いません。シンクの前ですぐに出せることが重要なので、そういった場所ならば食器と同じスペースにしまっても大丈夫なのです。

引き出しタイプのシンク下の収納もありますよね。そういう場所には「立ててしまう」という事を意識しましょう。立てられないざるや鍋やボウルは置くだけにします。詰め込みすぎず、重ねすぎずを意識すると後々取り出すときが楽になります。

フライパン類は重ねたくなりますが、ラックなどを使って直接重ねないようにしましょう。そうすることで取り出しやすくなります。直接重ねると取り出す時にストレスを感じてしまったり、楽に出てこないシーンも起きてしまいます。引き出しタイプは鍋やボウル、ざると同じように立てて収納してみましょう。またやかんなど、コンロに置きっぱなしにしてしまいがちなものも立てて収納しましょう。油のはねなどの汚れがなくなり、きれいなまま使用できます。

ボウルやザルは取りやすいことを考えて収納しましょう。用途に合わせたサイズや形のものがボウルやざるには多数存在します。引き出しでも棚でも重ねなければいけません。こういった場合、ボウルとざるは別々に収納するなど、重ねても取りやすいという事を考えて収納する方法を考えましょう。水回りで使う道具なので収納場所はシンク周りが妥当ですが、シンク前から少し離れていてもオープン棚等ならばストレス無くとりだせるのでそういった場所も考えてみると良いかと思われます。